代金引き落としに口座振替が推される理由

代金支払いもお得にいこう!口座振替が推奨される背景とは

クレジットカードの代金支払い方法はいくつかありますが、最もメジャーで使いやすいのは口座振替です。カード会社側が基本的にこの方法を推奨しているのは自社としても楽ですし、口座に入れておけばいいので払い忘れも少なくなります。これからカードを申し込む場合でも、出来るだけ口座振替を選択したいところですね。

とは言え、他の方法が無いわけでもありません。中には口座を持つ事を嫌う方や銀行に預けるのに抵抗がある方もいらっしゃいます。そうした方が支払う為の方法もありますので、カードを作りたいけど口座振替が嫌!という方は参考にしてみて下さい。

まず比較的多いのが払い込み用紙による支払いです。これは車などの税金を用紙で支払った事のある方であればお分かりですが、銀行を始めとした金融機関だけでなくコンビニでも支払う事が出来るので、直接出向くにしても比較的簡単な方法と言えます。またクレジットカード申し込みの際に口座を指定していなければこの方式になる事が多く、代替方法としても用いられます。

その為本来の推奨とされていない方式の為、振込手数料が発生する事が多く、よほどの理由が無い限りはオススメできる支払い方式とは言えません。とはいえ自分で直接払うという事に安心を覚える方もいらっしゃいますので、そうした方は次の方法にするといいでしょう。

あまり知られておらず、また一部のカードだけですが、コンビニやスーパーなどの専用の端末を使った返済方法があります。コンビニで言えばチケット購入や電子マネーを購入する事が出来る多機能端末、大型スーパーで言えば専用のクレジットカードのキャッシングや返済などが出来る端末を操作する事になります。

これらの特徴は先にも述べた通り、そのスーパーやコンビニなどの会社が発行しているクレジットカード限定になるのですが、代わりにそうした振り込みの際に発生する手数料が無い為、請求が届いたらその金額だけを振り込む事で完済されます。また端末で支払う場合はリボルビング払いへの変更も楽に出来るので、請求金額が届いてから操作する事が出来て融通が利きやすいのは大きな利点ですね。もちろん逆にリボルビング払いを素早く返済する事も可能です。

専用端末支払いはともかくとして、払い込み用紙での支払いは紙への印刷代などのコストがかかる為、やはり企業側としてもあまり使いたい方法では無いのが良く分かりますね。口座というのはやはり現代社会においては給与受け取りとして必須ですし、受取口座を引き落とし口座にしておけば手間も省けますので、出来る限り使い勝手のいい口座を開設しておく事もクレジットカードを作るにあたっての準備と言えますね。