クレジットカードの基礎知識

記事一覧

登録が出来ない!?快適なネット通販にはまず正しい登録方法から!

クレジットカードはカード本体ももちろん大事ですが、そのカードに刻まれているデータが核と言えます。ゆえにインターネットにおける買い物において非常に便利な存在になっており、インターネット上での買い物においてはカード本体では無く内部のデータで処理しています。

だとしたらインターネット上で買い物をするならカード本体は必要ない?と思う方もいらっしゃるかもしれません。答えはもちろんNOで、インターネット上で買い物をするにしてもカード本体が無いと買えない仕組みがもちろんあります。この記事ではその仕組みを見ていきましょう。

まずインターネット上でクレジットカードを使って買い物を行う場合、クレジットカードの情報を登録しないといけません。カードの名義人を始めとしてクレジットカードの表に記載されている番号など、ここまでの情報の入力はわりと簡単と言ってもいいでしょう。しかし、ここから先の情報は初めて登録する場合、少々迷ってしまう方もいらっしゃいます。

セキュリティコードを入力してください、と言われる事があります。すると初めての方は「どこにあるの?」と悩む事が多く、私も初めて見た時はつい暗証番号などと間違ってしまい、焦ってしまったものです。これこそがカード本体が必要であるとされる所以でもあります。

セキュリティコードというのは、カードが手元にある事を確認するためのデータのパスワードと言えます。場所は主に裏面の署名欄のところに初めから刻印されている上四桁下三桁の数字がそれにあたります。VISAやJCBなどの有名なブランドの場合は主に下三桁がセキュリティコードとして入力すべき数字です。上四桁ではそもそも桁数が違うので間違わないようにして下さいね。また、カードのブランドによっては下で無く上の場合もありますので、有名ブランド以外のカードでは注意が必要です。

またサイトや金額によってはセキュリティコードを入力しなくても買い物が出来たり、或いは毎回入力する必要がある場合もあります。なのでインターネットで買い物をする時にもクレジットカードは常に側に置いておけば安心ですね。元々情報とお金が詰まったアイテムですので、厳重に手元に置いておくのは大事な心がけです。

また少々蛇足になりますが、もしも小売業などのお仕事をされている方でお客様がクレジットでお会計をする場合、上記のような理由がありますので、カードをお返しする際は裏返しにせず、ちゃんと表にして返してあげる方が好印象です。間違っても『裏返したまま放置してレジを離れる』なんて事はしないで下さいね。個人情報、それもお金に直結しているカードの放置は大変危険ですし、お客様もいい気はしません。

情報化が進む社会において、クレジットカードももちろん例外ではありません。扱う側も預ける側も情報をやり取りしているという自覚を無くさず、安全を心掛けるようにして下さい。

支払いを一つに!バラバラな引き落としもカードで一元化しよう!

クレジットカード払いの利点というと皆さんは何を想像しますか?私が利用していて思うのは、やはり現金払いの都度支払による煩わしさから解放される事です。クレジットカードで口座引き落としにしているなら、期日までに口座に入れておくだけで一か月分の出費がまとめて落ちるので、非常にスマートな買い物が出来ます。

さて、ここで一つ疑問に思う事があると思います。買い物というのは必需品以外の物も多く、そうしたまばらな出費にクレジットカードが便利な事は前述の通りですが、定期的に発生する支払い…それこそ光熱費や携帯電話の使用料金などは払えるのか?という事ですね。こうした支払いの引き落とし日はなかなかまとまらず、家計簿をつけている方には記帳が面倒に感じる事もあるのではないでしょうか。

結論としましては、公共料金などの支払いにもクレジットカードは対応可能であり、カードの特典でポイント還元があれば、光熱費などの公共利用料金でもポイントが付与されるので、節電などの節制が謳われている中、こうした還元はさらに節約に繋がるのが魅力的ですね。

しかし、クレジットカードで定期的な出費、公共料金や携帯使用量を払うには、いくつかの手順があります。例えば携帯電話の使用料金を払う場合、最寄りの自分が使っているキャリアの携帯ショップに向かい、支払いに使うカードを持っていき、書類を記入する事が必要になります。また申請タイミングによっては当月分は従来の支払方法となる事もあるので、申請は早く行わなくてはなりません。

またこれは携帯電話だけの話では無いのですが、支払いに使用するクレジットカードの『名義人』が大事になってきます。例えるなら携帯電話の使用料金をご家族四人、夫妻とお子様二名としましょう。この場合四人全員をまとめて払う方がお得であり、支払い名義人を夫の方としている場合、クレジットカードの名義人も夫の物で無いと変更が出来ないのです。これはやはり昨今の不正利用多発が陰りを生んでいると言え、こうしたお金に関わる個人情報の取り扱いはかなり厳重になっているのです。

なのでクレジットカードを作る際は名義人の項目も非常に大事という事ですね。基本的にカードを公共料金などの定期的に発生する支払いに使うなら、生活費用のカードとして個人用とは別に作るのも賢い選択と言えますね。具体的なイメージで言うなら一家の支払い能力のある方の名前で作りつつ、生活費に使うカードとしてシェアする感じですね。

こうした合理的な使い方も出来るのがクレジットカードの魅力ですね。定期的でまばらな支払いをまとめる事でご自分で全部やる場合もご家族の誰かに家計を預ける場合でも、全員が情報を共有しやすい環境を作る事は長い目で見ても有意義です。是非カードの在り方についてご家族で相談してみて下さい。

カードは申し込みから大事?二つの申し込み方法を使い分けよう!

クレジットカードの申し込みのきっかけはたくさんありますよね。金融機関に行けばキャッシュカードと一体型のカードのパンフレットがありますし、インターネットでショッピングをしていればバナー広告などによるショッピングサイト運営会社発行のカードが申し込めます。

そうした様々なきっかけがありますが、申し込み方法も同時に複数存在します。どんな方法でも申し込みが完了すれば同じかもしれませんが、それぞれに特徴があり、会社によってはこれだけ、というような申し込み方法が一種類しか無いところもあります。今回は主だった申し込み方法について見ていきましょう。

まず最も多いのが紙面による申し込みですね。これはパンフレットと一緒に書き方の説明と申し込み用紙が同封されており、ほとんどの場合が無料送付用の封筒もセットになっています。

紙面はネット環境が無くても申し込みが出来るし、身分証明書の送付も同時に出来る物が多いので、分かりやすくあるのは大きな利点ですね。ネット環境があってもまだこちらの方法を重んじる方も多く、今後も割合で言えば大きく減る事は無さそうです。

しかし、今は情報管理もデータ化の時代です。ゆえに紙に記入しても最終的にはパソコンに移し替える手間がありますので、受理から審査までの時間がかかる事が多く、最大でネット申し込みの倍程度かかる事があります。やはりこうした顧客情報も莫大な数になる為、IT化の力は借りざるを得ないのでしょう。

その反面、ネット申し込みはそうした手間を省ける分、申し込みの受理から審査までが非常にスムーズに進みます。ゆえに審査だけなら時間帯によっては即日、送付まで含めたら紙面での申し込みに比べて倍の速さで届く事もあります。ネット申し込みのみの受付も近頃では増え、そうした場所は申し込み用紙の分のコストがかからないだけあって、無料会員でも特典が多かったりもします。

ですが、ネットオンリーだったら文字通りインターネット環境が無ければ申し込みが出来ませんし、身分証明書を送付する場合にしても携帯のアプリケーションが必要だったり、或いはパソコンに取り込む知識も必要なため、パソコンに慣れた方が居ないご家庭では少々難しい面があるのも事実です。

また、双方で申し込みを受け付けている企業ももちろんあります。その場合においても上記のような一長一短があるので、自分に合った方法で申し込むのが最善です。やはり時代を考えればネット申し込みの優遇を認めざるを得ませんが、ご年配の方のお申し込みも多いため、紙が不要と言えばやはりまだまだ一概に言えませんね。

こうして大きく分ければ紙面とネットの二つになります。皆さんはどちらに使いやすさを感じましたか?カードの申し込み用紙記入はちょっとしたミスでも大きく結果を左右される事があります。自分がやりやすい方を使い、より良いクレジットカードを所持したいですね。

法人カードを個人で使用できる二つのケース!まずは契約形態を知ろう

ある程度規模が大きな会社になると、社員に経費の使用を任せる際に、クレジットカードの法人カードと呼ばれるものを契約するように言われます。法人と付くくらいですから会社の物ではありますが、出張の際に使う場合、経費以外の出費にもカードを使う方が便利な場面も多々出てきます。

とはいえ会社の所有物となればそれは職権乱用…と思われがちですが、契約形態によっては個人の出費に使ってもいい事があります。これから先、カードを預けられる前に知っておきたい法人カードの契約形態について知っておき、経費精算も慌てず行いましょう。

まずアカウントカードと呼ばれる種類ですが、これは完全に会社のカードですので、口座も会社の口座から引き落とされるので、出張の際に直接持たされた場合、これが出張費としての交通費や宿泊費用になると言えます。もちろん私用で買い物をしても口座は変わりませんから、不正利用になってしまいますね。

但し、だからと言って使っていいかどうかは事前に聞いてみる必要があります。というのも出張などでは特に急な出費が重なる場合も多く、見知らぬ土地で仕事をするなら柔軟性も必要です。そうした部分に理解のある会社であれば、私用で使った分を返還する事により使用可能という形式を取る事もあります。その場合、必ず帳面に経費と私用出費を分けて記録しておきましょう。ずさんな管理では全て私用と見なされる恐れがあります。

そしてもう一つがコーポレートカードと呼ばれる法人カードです。こちらはあなた自身がカード会社と契約しているような形態に近く、引き落としはあなたご自身の口座となります。但し年会費といった維持費や接待などにおける経費は会社が負担する形式です。

アカウントカードと同じく出費管理はしっかりしないといけませんが、こちらのカードは私用で使う場合にも自分の口座から引き落とされるというのがポイントです。ゆえに私用で使った場合でも口座は自分の名義ですから、会社に「○○に使いました」などの報告は必要ありません。使い手にとって柔軟という意味ではコーポレートカードの方が気楽ですね。

ですが、会社の経費も自分の口座から引き落とされる為、申請をしないとあなたの出費として引き落とされても文句が言えません。接待などが重なった月は出費も激しいでしょうから、領収証などはきちんと受け取りましょう。

またコーポレートカードだと、ポイントなどが発生してもあなた自身に付与されるので、例え会社出費であっても事前にポイントについて相談しておけば、そのまま会社出費も手間賃のような形でもらえる事が多いのです。ポイントの移行は非常に面倒だからという背景があるのですが、せっかくなので有効活用しましょう。

法人カードは会社のカードであり、それを預けられる方は会社からの信用を得ている事に他なりません。使い道や経費などは逐一報告し、自分にも会社にも良い出費を心がけましょう。

1 2 3 4 5 6 >