クレジットカードの企業とブランドの違い

企業とブランドの違いって?二つから見たカード特典の違いに迫る!

クレジットカードは様々な『企業』が様々な『ブランド』と提携して発行しています。なのでカードを作る会社によってはブランドも選べるところもあるので、なかなか悩ましいところですよね。特にカードを初めて作る場合にはどこがどうなのかさっぱり分からなくても不思議ではありません。

最初に記号で括っている通り、発行する会社とブランド元になる会社とは少しニュアンスが違っています。企業が出すカードによって受けられる恩恵とブランドによって受けられる恩恵は少々異なりますので、今から初めてカードを作られるという方は特に双方の違いについて簡単に触れておきましょう。

まずブランドですが、これはJCBやVISA、Mastercardなどの名前がそれに該当します。後述する企業がこれらのブランドと提携する事でクレジットカードとして機能するのです。日本では比較的JCBと言うブランドが良く耳にすると思います。

これらのブランドの違いなのですが、JCBは国産ブランドなどの細かな違いはあるのですが、基本的に『提携店舗数の違い』として認識しておけば間違いはありません。例えば日本生まれのJCBは日本国内や日本が発祥のお店では使える場所も多いですが、国外や外国発祥のチェーン店では提携が少なく、VISAやMastercardであれば外国でも使える店舗数は多いとされています。具体的にはVISA、Mastercard、JCBの順で提携数が多いです。これら三社以外にもブランドはありますが、この三つが主なブランドなので覚えておくと良いでしょう。

補足になりますが、日本で作れるクレジットカードにはJCBのみのカードも非常に多いので、ブランドにこだわるなら複数の会社からパンフレットをもらい、しっかりと吟味して、今から説明する企業からの特典も加味して選ぶと良いでしょう。

では企業によって与える恩恵とは何なのか?それはひとえにサービスの違いです。付与されるポイントの違いが主な違いですね。

企業において自社のクレジットカードを持ってもらうという事は非常に大きなメリットです。一見してクレジット払い機能を導入するとブランドとなる会社への手数料が発生する為、企業側にはメリットが薄いように思われがちですが、自社独自の恩恵が発生するというのが大事です。一般的な統計で見ても「ポイントカードの有無における買い物頻度の違い」を見てもらっても分かる通り、ポイントを使ってお得に買い物をしていたとしても、ポイントを利用するユーザーの方が多く企業側の利益に貢献しているのです。宣伝効果もあるし、カードで買い物が出来るというメリットもあるのでユーザーにとっては身近になりやすいのです。

以上がカードを発行する企業とブランドの違いです。大雑把に総括するなら企業は特典の違い、ブランドは提携店舗の違いとなりますが、一つの要素ばかりにこだわってカードを決めると後から物足りなくなる可能性も出てきます。あくまでこれらも参考にしつつカードを選んでいきましょう。