日本で使用できない海外製カードを使うには

どうすれば使えるの?海外製カードが日本での対応が難しい理由

日本で発行できるクレジットカードの多くは海外の加盟店において決済可能であり、海外において使用しても日本円で引き落とされる事もあって、まさに財布代わりとして世界で活躍しています。

このように日本で作られたクレジットカードは海外においても通用する事が多いのですが、その逆はどうなのか、気になりますよね。特に海外での出張などが長くなったり、外資系の会社で海外の支社に転勤になったりすると、現地でクレジットカードを作る事もあります。VISAやMastercardなどは海外でもお馴染みですし、作っておいて損は無さそうに見えます。

しかし、日本のカードを海外で使う時と違い、海外で作ったカードを日本で使う場合、対応しきれていないケースが珍しくありません。そしてその原因は普段意識しないところにあったりします。

それは磁気テープなど、クレジットカードの部品とも言えるパーツの規格が違う事による可能性が高いのです。日本は言語を始めとして独自と言える文化や規格が非常に多く、携帯などのお財布ケータイ機能にも見る限り、日本内での使用を意識した物が目立ちます。もちろん日本独自の規格は品質も高く安定性などで有名ですが、逆を言えば閉鎖的でまだまだ世界に対応するには問題点も多いのが事実です。

また小売業などで使う場合、クレジットカード自体に対応していないだけでなく、クレジットカードの処理がなかなかマニュアルとして浸透していない事も挙げられます。良くも悪くも『いつもニコニコ現金払い』が浸透している国において、やはりクレジットカードの処理は教育として後回しにされる事も多々あり、レジ担当の方によっては処理が出来なかった、間違ってしまったという事が散見されます。やはりどこでも使える&誰でも使えるというのが将来像としてのクレジットカードの在り方なので、決済方法のマニュアル浸透は今後の課題と言えそうです。

そして先に話したクレジットカードのマニュアルの一環として、通常の処理が出来なかった場合におけるカード会社に問い合わせての処理方法も存在していますが、こちらは手間も時間もかかるので、店側もお客さん側もあまり好まれません。店が何らかの理由でオフライン状態になっていても決済が出来なくなってしまうので、インフラといった面でもクレジットカードの完全な普及にはまだまだ時間が必要とされそうです。

このように、海外で使ったカードは日本においては決済が難しいと言わざるを得ないのが現状ですが、やはりマニュアルというものは様々な状況に対応できるように作られており、責任者の方に対応してもらえれば決済が出来る場合もあります。やはり日本製のカードがあればそれに越した事はありませんが、どうしてもの場合の時として覚えてきましょう。