クレジットを楽に持ち歩けるケース選び

クレジットカードを整理しよう!便利なカードケースを選ぶコツ

皆さんはクレジットカードを普段どのような方法で持ち歩いてますか?やはり支払いに使うという事で財布に入れている方も多いと思います。財布のサイズやカード入れの数にもよりますが、確かに万が一の時の為の現金も一緒に持ち歩くなら、その方が合理的ですよね。恐らく一番多いケースでは無いでしょうか。

しかし、今の世の中はクレジット以外にも様々なカードがあり、昔はカードで無くて手帳サイズだった保険証ですらカードタイプになりました。ポイントカードも各社競うように作られている為、買い物を自分でするようになれば自然と財布にカードが貯まるのは世相とも言えます。

その時、本末転倒な事態に気付く方もいらっしゃると思います。そう、財布をスマートにするのがクレジットカードの役目なのに、カードが増えすぎてしまって財布がパンパンになるという状態です。これを書いている私も一時期カードを増やしすぎて、財布も折り畳み式だったのに折りたためないという事になってしまいました。

そこで抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、特にクレジットカードを複数持っていて使い分けている方ならば、財布とは別にカードケースを所持してみてはいかがでしょうか?

カード入れを持つという事はカードはそちらに入れる事になるわけであり、財布以外にカードケースを増やす事は一見してスマートには見えないかもしれません。しかし財布にたくさんカードを入れているばかりに取り出しに迷ってしまったり、違うカードで決済しようものならさすがに困りますよね。それにカードケースでも最近はコンパクトな物が出ており、案外邪魔にならないのです。

まずカードケースを選ぶコツとしては、ジャバラと呼ばれる形態のカード入れがオススメです。ジャバラ形式だと開いた際に一枚一枚が視認しやすく、複数のクレジットカードを所持していても「これを使おう」といった風にすぐさま取り出す事が出来ます。これは財布に付けられているカード入れが横入れに対してジャバラは縦に入れるような形を取っているからであり、その分取り出しやすさも増しています。

後はチェーンなど、ズボンのポケットに入れる際にベルト通しに引っ掛けられる物を選んでおけばいいでしょう。これならポケットからはみ出して落としそうになった時もチェーンが付いているから落ちそうになっても気付くし、盗難対策としても機能します。クレジットだけに及ばずカードにはあなたの情報が大量に保存されています。それを無くせばどれだけ危険か、すぐに分かりますよね。

また最後に言うなら、カードケースにはクレジットカード以外を全て入れるというのも選択肢です。お金に直結するクレジットカードのみ財布に入れておき、ポイントカードなどをカードケースに入れておけば、クレジットカードの所持数が少なければ十分スマートです。カードケースを利用した整頓方法を前向きに検討してみましょう!