使う前に知りたいカード決済不可の商品

あなたは知ってた?慌てない為に知っておきたいカード決済不可の商品

買い物の際にはクレジットカードを使われる方は多くなっています。現金であれば小銭などを慌てて探す必要も無く、カードを一枚出すだけでいいので、買い物の際にもスムーズに会計を済ませられる事が多くていいですね。

しかし、だからと言って現金を一切持ち歩かなくていいかと聞かれれば、時と場合によるのも事実です。むしろ最低限の現金は持っておく方が実際には賢い判断と言っていいでしょう。そうと言われる理由は何なのか?

クレジットカードの普及に伴って様々な小売業を始めとした各店ではカード払いの導入が進められていますが、やはり中には現金でしか出来ない値引きの為、カード会社に支払う手数料をカットせざるを得ない場所もあります。わずかな手数料とは言え、全国規模で展開するファーストフード店などにおいてはより安価にする為に企業努力をしているのです。

そしてクレジットカード取扱店でも注意したいのが、クレジットカードでは支払えない商品です。これらはカード取扱店などに関わらずクレジットカード払いが不可となっており、一緒にクレジットカードで払える物を買ったとしても、別会計で対応しなくてはならないのです。事前に分かっていれば会計前に用意できますが、もしも知らないままだと焦ってしまいますよね。ではどんなものが買えないのか、メジャーな物を見ていきましょう。

まずクレジットカードで購入する事が多いコンビニなどでも取り扱われている切手類です。郵便局が近くに無くてもコンビニが側にあるという地区は多く、コンビニで購入した方も覚えがあると存じます。そしてこうした切手類は何故禁止なのか?

切手は言わば金券とも言える存在で、払い戻しといった形での現金との交換が可能です。つまりクレジットカードで購入できる場合、カード残高の現金化という行為にあたります。クレジットカードの現金化は違法ですので、そうした対策で購入が不可となっています。

金券がらみですでにお分かりになっているでしょうが、商品券も購入が不可能です。上記の理由をご説明した後でも何故書くかと言いますと、商品券をもらった際にJCBやVISAといったロゴが書かれていませんでしたか?そう、クレジットカードを取り扱っているブランドが発行しているものなのです。ゆえに「同じ会社なら買えるんじゃないの?」という勘違いをしている方も実は多いので、重複する説明になってしまいますが、しっかりと覚えていて下さいね。

他にもクレジットカードで買えない物がありますが、基本的に『金券類や電子マネーのような現金として払い戻せる類』は無理だという事を予め理解してもらえれば、買い物の際にも慌てる事は少なくなります。もちろん付帯機能のEdyなど例外はありますので、覚えておいてスマートなカードライフを送りましょう!