クレジットカード現金化に騙されない為には

あなたのカードが狙われる!?現金化に騙されない為の必要な知識!

クレジットカードは財布代わりとして優秀ですが、やはり現金が全く必要無いわけでは無く、カードの使用請求も含めて現金の存在は消えるはずもありません。だからこそキャッシングの機能が設けられてますし、いざという時の必要最低限の現金を持ち合わせる事が、安心してクレジットカードを使うコツとも言えます。

とはいえ、クレジットカードを現金を並べた際に、現金の方に魅力を感じる方は当然多く、クレジットカードが現金に変われば…と考える事はあるでしょう。もちろん現金に変わるというのはキャッシングなどのローンでは無く、ショッピングに使われる残高を対象とした願望です。

皆さんは街中で「クレジットカードを現金化!」と書かれたチラシやのぼりを見た事はありませんか?これらはもちろんキャッシングという意味では無く、買い物に使う枠を現金化するという謳い文句です。そんな事が出来るの?と興味を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、間違っても信じてはいけません。

最初の利用規約をお読みになられた方ならお分かりになりますが、クレジットカードの現金化は違法であり規約違反です。キャッシングは専用の枠がありますし、カード会社側が付けているので当然問題はありませんが、ショッピング枠を現金に変換する事は許される事では無いのです。ゆえにクレジットカードでは金券などは買えませんので、現金化に繋がる行為は全般がダメと思ってもらって構いません。

それに何より、そうした現金化する業者は詐欺商法も並行して行っている事が大半です。主な手口としては業者が紹介する商品をクレジットカードのショッピング枠で購入させ、その商品を業者が買い取る事で現金化を図るという物ですが、ここに落とし穴があります。

業者はその商品をあなたが支払った金額よりも安い金額を渡してくるのです。手数料と言われれば納得してしまうかもしれませんが、その商品を業者が高い金額で転売してしまえばどうですか?あなたは転売の片棒を担がされたも同然で、クレジットカード現金化も相まって犯罪に加担してしまっているのが現実です。

クレジットカードを現金に繋げたいと思う事は自由ですが、実行するにはカード会社が認めた方法で行ってください。例えばポイントを商品券に交換するシステムなどは当然合法で、尚且つ商品券であればより現金に近い買い物での使用感になります。さらにポイントも違法に現金化するのは厳禁ですが、中にはポイントをキャッシュバックする制度を完備しているカード会社もありますので、気になるなら問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

クレジットカードは便利な分、ルールを守れる良識ある方への信頼の証として発行されています。信頼は私たちの社会の根底を守る大切な物ですので、しっかりと守って有意義にカードを使いましょう。