捨てるには惜しい企業のお得情報

捨てる前にちょっと待って!企業からのお得なお知らせに目を通そう!

クレジットカードを作るという事は、発行企業の会員になる事とイコールで繋がっている事が多いです。なので意識してないとダイレクトメールなどが届いて「知らない企業から連絡が来た」と焦ってしまい、開封してから思い出す事も良くあります。私も恥ずかしながら一度だけありまして、少し不安になりましたね。

そうしたダイレクトメールでのお知らせは主に企業が提携しているサービスの勧誘で、それこそ「こんな事までしていたのか」と驚くような、一見して関係なさそうな物まで案内が来たりします。

そういう物に一切興味が無い方にとっては邪魔に感じるかもしれないですが、そうした提携サービスは基本的に会員向けのサービスなので、限られた方向けのお得なサービスである事がしばしばあります。届いた直後に捨てる方もどうか少し待ってもらって、軽く目を通すくらいはしておきましょう。

まずクレジットカードと言えば金融関係であり、金融関係と言えば保険業務を行っている事もしばしばあります。なのでカード会員向けの保険を推奨してくる事が良くあります。保険というのは好き嫌いが分かれるし、あまりいい気分で無い方も時折見られますが、条件に注目してみて下さい。

お分かりだと思いますが、通常のテレビでCMを行っている保険に比べ、掛け金のわりには保証が手厚い物が多いのです。恐らく一番したのプランであれば千円を切る物もあり、毎月千円以下で受けられる保険と考えてみた時に、そのコストパフォーマンスの良さが際立つと思います。

さらにもっと見てもらいたいのが、期間限定ではあるものの、掛け金が完全無料の保険もサービスで行っている場合があるのです。この場合は保証金が少ないしある程度の成約もありますが、やはりただで付けられる保険というのは少なくともこちらが損をする事はほぼ皆無で、まさかの時にわずかとはいえ保障が受けられるのは見逃すには惜しいメリットと言えるでしょう。とりあえず有料は置いておいて、こちらだけでも申し込んでおけばいいでしょう。

他のお知らせとしては、インターネット通販などを行っている企業の場合、特別会員向けセールというのがあります。これはパスワードなどを発行しているまさにお得意様向けのセールなのですが、こちらは高級品ばかりではありますが、半額など原価に比べて破格のセールを行っている事があります。自分が欲しい物だけを買うのが一番お得ですが、それでもプレゼントなどに備えて買っておくと思えばかなりお得です。クレジットカードを普段から使っているとこうしたお知らせが来やすくなりますので、余裕があればちょくちょく買い物をしておけば、思わぬチャンスが巡ってくる可能性があります。

企業からのお知らせは重要以外は読まない方も多いですが、そうしたところに思わぬお得が紛れ込んでいるのは今回の記事でお分かりいただけたと思います。企業のお知らせは会員向けの善意である場合もありますので、一度は目を通す癖をつけておきましょう。