キャッシュカードとデビットカードの相性

選択肢は一つじゃない!キャッシュカードにデビットが薦められる理由

クレジットカードと一体化した機能はいずれも魅力的で、あなたのカードライフを大幅に豊かに、そして便利にしてくれます。シンプルさも大事ですが、オールインワンの機能性は状況に応じて使い分けられる為、情報化社会においてはやはり捨てがたい魅力です。

クレジットカードの付帯機能、と考えると様々な物が思い浮かぶでしょう。クレジットカードに付ける事で大きな得を生む物としてはEdyETCカードがありますね。それらはクレジットカードがメインとしてのサブの機能として挙げられています。

では、クレジットカードがサブのようなカードもあるのでしょうか?恐らくはコンビニやスーパーのポイントカード併用型がそれに近いですが、クレジットを使う事でポイントに還元されるとしたら、どちらかと言えばまだクレジットカードが主体に見えますね。となると、クレジットカードがサブのようなカードがあるのか?

恐らくそれは、銀行のキャッシュカードにクレジットカードの機能を付けた物が一番それに近いでしょう。

キャッシュカードというとキャッシング機能を想像しますが、今回ご紹介するカードは違います。これは銀行の口座を操作する為のキャッシュカードであり、借り入れをメインとしたものではありませんね。

クレジットカードをメインとしてのキャッシング機能の概念とは逆で、キャッシュカード一体型のクレジットカードはどちらかと言うと現金をメインに扱う方でお持ちになっている方が多いのです。現金を引き出して調整しつつ、手持ちや給料日までの予算が心許ない場合にクレジットを使うというスタイルですね。

普通のクレジットカードで言えばあまり有効に見えませんが、デビットカードとの一体型が作れる事が真価であると私は考えています。

デビットカードと言うとクレジットカードと同様に使えて、引き落としは口座から即時行われるカードであり、クレジットカードが苦手な方でも擬似的にクレジットカードの環境を得られる物です。現時点での銀行口座が限度額になる為、使い過ぎる事がありません。

そしてキャッシュカードと一体化しているのが重要です。節約をするならまず財布の現金を減らすのは有名ですが、ただのキャッシュカードでは減らしすぎるといざという時の出費が不安になります。そこでデビットカードなら口座に預金があれば急な出費でも引き落とせるし、わざわざ引いてきて買い物をするといった手間も省けます。キャッシュカードに限っては通常のクレジットよりもデビットカードの方が輝いて見えますね。

もちろん通常のクレジットカード付キャッシュカードでも祝日の引出が優待されたりしますので、ただのキャッシュカードよりはよっぽど便利です。今の時代においては、何も付けないシンプルさで需要を増やすのは難しいのかもしれませんね。