クレジットカードでお得にEdyを入手

カードを利用したEdy入手法!二つのメリットがあるその方法を紹介!

クレジットカードを使うのに抵抗があっても、電子マネーには抵抗が無いという方は多いですよね。これは先払いの方式による後腐れの無さ、そして交通機関など良く利用される場所が対応した事があり、私たちの生活にも日常的に浸透しています。

そうした交通機関の電子マネーでも一部の対応店では買い物が可能ですが、やはり買い物と言えば専用電子マネーであるEdyがあまりにも有名だと思います。

お財布ケータイの普及の後押しもあって、日本規格の電子マネーの取扱店舗が大きく増えたのは周知の事実ですよね。さらにポイントを発行している企業との提携により、専用サイトでの設定によってはポイントも付与されるのですから、普通に現金で買い物するよりもずっとお得ですよね。

ですが、このEdyには少々難点があると言えます。それはEdy単体で持つ場合、手軽に導入できるとは言えない金額を払う必要がある事です。数百円ならともかく数千円では躊躇される方も多く、おサイフケータイの機能は無料で付いている事を考えると、釈然としないのも仕方ありません。

それに対応店舗が多いと言えど、破棄の際に返金される預け金を入れるだけで作れる電子マネーがある中、Edyだけこんなに高いとなると、やはり単体で持つ事はためらわれますよね。そこでクレジットカードに注目です。

クレジットカードの付帯機能としてのEdyは有名で、クレジットカードが使えない場面での代役としても優秀ですが、何よりは『ついでに』積める手軽さがポイントです。

普通にEdy単体で買うのと違い、クレジットカードには数百円のわずかな金額で載せる事が可能です。そのわずかな金額もクレジットカードから引き落とされる為、先に振り込む手間も省けます。さらに言うなら会社によってはEdy機能を無料で載せてくれる事もあるので、費用の有無を確認して無いようなら、せっかくなので積んでおいて損は無いでしょう。いざと言う時に数千円でも入れておけば、クレジットカードが使えない場面での代役としては十分です。

このように、クレジットカードにEdyを積むということは「手ごろな値段でEdyが手に入る」という事と「いざと言う時、カードで払えない時の代役」という、二つの面でのメリットがあります。すでにお持ちならともかく、まだEdyを持っていないならカード申し込みの際に是非検討しておいてください。