クレジットカードの穴埋めに役立つEdy

カードが使えない状況で知っておきたい、Edy機能の便利な使い方!

クレジットカードに支払いをまとめる事は節約をしていく上でとても役立つポイントです。現金だと何もないのにクレジットカードだとポイント還元が発生するのですから、こうなればまとめるだけまとめるのが賢いやり方です。

しかし世の中にはどうしても現在のクレジットカードのシステムが導入できないところがあります。様々な試みで導入を進めているクレジットカードでもさすがに自動販売機には難しいところですし、小型店舗にクレジットカードのシステムはコストが重くのしかかります。

そして私たち消費者にとっても完全なクレジットカードオンリーのスタイルは難しいところですが、その中で可能な限りクレジットカード払いで済ませたいと思いますよね。そんな時、ご自分のカードに注目です。

クレジットカードを作る時に付帯機能としてEdyを搭載していますか?初期費用が少々発生しますが、実はこの機能はクレジットカードの穴を埋める機能としても使える場面が多く、日本国内においては汎用性のある電子マネーとなっているのです。それを搭載したならば利用しない手はありません。

最初に説明した自動販売機ですが、さすがにこれを使う時に「カードが使えない」というのは明白です。しかし、クレジットカードは使えなくてもEdyといった電子マネーに対応している機種はじわじわと増えており、硬貨無しでも買えるようなシステムになりつつあります。そこでクレジットカードに搭載しているEdyの出番です。

Edyというのは元々は現金をチャージするものですが、クレジットカードにEdyを搭載していれば残高からチャージが比較的簡単で、チャージしたとしても現金は減らずにカードからの決済という形になります。チャージ自体にポイントは発生しませんがカードに付与されているEdyなら使用すればそのクレジットカードに対応したポイントになるので、クレジットカードが使えない場面での穴埋めとしては十分な機能をしてくれます。

このように、クレジットカードの付帯機能などを利用する事により、クレジットカードへの一元化の一助となる場合があります。クレジットカードの付帯機能のEdyを単なるオマケ機能だとは思わず、しっかり活用すれば役立つ事をしっかり覚えておきましょう。