クレジットと一緒に作るETCカードの特典

お申込みはご一緒に!ETCカードも一緒に作りたくなる2つの特典!

クレジットカードの家族カードにも言える事ですが、本来Edyのような別の機能は、クレジットカードに一緒に付帯させて申し込む事で、大きな手間と費用の削減に繋がります。すでに申し込みからお得への分かれ道が発生していると言ってもいいですね。

そんな中、持っていないなら是非一緒に発行してもらいたいのがETCカードです。車の運転が頻繁でないなら聞き覚えも無いかもしれませんが、車の運転、特に遠距離まで外出する事が多い方は是非知ってもらい、ご一緒での発行を推奨いたします。

ETCとは無線を利用した高速道路などの料金をノンストップで払える方式で、高速道路の入り口と出口に見られるETCと大きく書かれた建物が目印です。数的には地方にもよりますがETCと有人収集所は半々くらいにまでなっており、ネットワーク構築技術の発展により今後も増えていくと予想されます。

このETCカードもクレジットカードと別途に発行されているのですが、発行の際にはクレジットと同様に審査があり、もしもクレジットカードと別々に発行する場合、双方で審査を受けないとならない為、非常に手間となっております。

何故ETCにも審査が必要かと申しますと、ETCもいわゆる信用における後払いとなっている為、高速道路などでのみ使えるクレジットカードと認識が一番しっくり来ると思います。

その為クレジットカード発行会社が一緒に発行しているETCカードも一緒に申し込む事で審査が同時に始まり、さらに引き落とし先も同時発行するクレジットカードに設定される為、あらゆる手間を省いて作る事が出来るわけなのですね。審査というのはお世辞にも楽とは言えず、時間も必要とされるので、済ませられる範囲で一緒に澄ましておくのは賢い選択です。まだ車で遠出をされてない方も、将来を見越して作っておくのは悪い事ではありません。

また、同時発行できるカードにはクレジットカードと同じような特典が受けられる事がほとんどです。利用頻度が高いほど恩恵は大きくなるので、メインで使うカードに加えて車での遠出にもポイントが付きますので、遠出するのが楽しみになるかもしれませんね。

付帯機能というのは本来単体で作る物を「クレジットカードを作ってくれるから」という企業側からのサービスアイテムのような感じですね。その分特典を得られる機会は申し込み時に限られやすいので、申し込み前からしっかり考えておきましょう。