クレジットポイントを有効に使える交換機能

クレジットポイントが商品券に!?見落としがちなポイント交換制度!

贈り物などを送る際、皆さんはどんな物を選びますか?親しい方に送るのであればやはり「どんな物でも嬉しい」と思うのが常ではありますが、送る側としてはそれでも心から喜んでもらいたいし、もらう側ももらっておいて損は無い物が嬉しくなるものです。

そこで考えた場合、身もふたもない答えで言うなら現金はいくらあっても困りませんが、同時に贈り物としてはもらう側は少々露骨で恐縮してしまいますし、送る側にも抵抗があるのが現実ですよね。

そこで検討に挙がるのは商品券では無いでしょうか。商品券というのは対応店舗において買い物が出来る、いわば現金に最も近い存在の一つです。買う物を選べるという自由度を持ちながら、同時に現金という形態とは違ってもらっておいてもそこまで抵抗はありませんよね。贈り物としては非常に優秀な部類と言えるでしょう。

しかし商品券は基本的に現金でしか買えないので、クレジットカードによる決済を行っている方にとっては少々購入に不便に思う方もいらっしゃいます。実際知らないまま買いに行ったもののカード決済が出来ず、多少面倒な事になってしまいますよね。

クレジットカードで商品券が買えないという事実はルール上覆す事はできませんが、多少購入と違っても商品券を手に入れるにあたってクレジットカードが力になれる場合があります。カード残高の現金化などと違い違法行為ではありませんので、商品券を買う機会が多い方は知っていただきたい方法です。

まずクレジットカード自体のポイントに注目です。カードのポイントは買い物に応じて還元されていくわけですが、このポイントのままだとまだ商品券を買うには至りません。しかしこのポイント、思わぬ使い道がある場合があります。

それはポイントの交換です。買い物に使うのがポイントの常ですが、カードによってはそのポイントをマイルや電子マネーに交換している場合があるのです。電子マネー、と聞いてピンときた方もいらっしゃると思いますが、商品券に変更する事が出来る場合があるのです。

ポイントを商品券に交換するならある程度余裕のあるポイント数が必要となりますが、還元率が高いカードを選び、公共料金などの支払いを行っていれば、自然に貯まっていることもしばしばです。まさにクレジットカードを多く使う方こそポイントを変更する機会に恵まれるという事ですね。

商品券というのは非常に便利で、贈り物だけでなくご自分で使う場合にも非常に汎用性が高いのが特徴です。ポイントの交換先というのはこまめにチェックしておきましょう!