全員で使える家族カードの便利さを学ぶ

家族カードを申し込もう!全員で使える便利な理由はコレだ!

クレジットカードを発行する際、同時に家族でも使える家族カードの発行がサービスとして普及しています。やはり一枚だけではご家族と共有するのには利便性が悪く、かと言ってもう一枚作るのは面倒だし不安…と言う場合にもお手軽で良い感じですよね。

では、それを作るにあたって何が必要でどれだけ費用がかかるのか。この記事を見てそれが気になる方もいらっしゃると思います。そこで特に家族カードにおいて関心が強い疑問を集めてみましたので、これからクレジットカードと家族カードを作りたいという方は是非参考にしてみて下さいね。

まず発行方法ですが、これは非常に簡単で面倒が無いと言えます。用紙や専用の申し込みサイトにて家族カードが必要か否かの欄に、必要にチェックを入れるだけです。強いて言うなら家族カードには主に使われる方の名前をお一人だけ書く必要があります。一応ご家族なら誰でも使えるようにとの配慮ですが、やはり一番良く使う方の名前の方が面倒がありません。配偶者や親御さんの名前が無難と言えます。

次に審査ですが、家族カードにおいては引き落とし口座も申し込んだ方の名義となるので、申し込み者の審査が通れば同時にカードも発行される仕組みとなっています。家族カードの名前を記入した方は基本的に審査の対象にはならないですが、やはり未成年の方のお名前は出来るだけ避けておきましょう。クレジットカードはご自分で責任が取れる方向けに発行される物であるという事は常に認識しておきましょう。

発行費用や年会費ですが、これはカード会社によって千差万別です。家族カード発行の際に発行費用として一度だけ費用が発生する場合もあれば、申し込みをした方のカードとは別に年会費が必要な場合があります。年会費の場合は一定額をご本人かご家族が使えば無料になる事が多いので、どちらかが常用で使う場合には深く意識しなくて済むでしょう。

尚、この点だけで言えば『家族カードが無料かどうか』というポイントでも発行企業を選ぶ基準に出来ます。初めから生活費などの支払いをシェアする場合には余計な費用が掛からないに越した事はありませんし、複数同時に申し込むとなると審査の面でも面倒な手続きが増えるし、何より家計を共有するには別々だと不便な点があります。みんなで貯めたポイントをみんなで使う場合にもこちらの方が共有感が強いので、一つにまとめておく事は無駄ではありません。

家族カードは文字通り家族の為のカードです。クレジットカードを家族全体で使い、家族全体で出費を共有しているという意識を持ち、全員でお得になる方針を固めていきましょう。