クレジットカードに付けたいオススメ機能

厳選!クレジットカードにオススメの二つの機能

クレジットカードの利便性が広まった要因の一つに、私たちが魅力を感じているであろうオールインワンを積極的に導入していった結果があります。携帯電話でも競うように多機能なり、今ではパソコン並みの性能を持つスマートフォンが主流になっているのですから、この流れは当然のようにも見えますね。

そしてクレジットカードのオールインワンとしての機能でありますが、これも多岐に渡っており、お馴染みと言える各社の共通機能から非常に独特な機能まで、多岐多様に渡って存在しています。今回の記事においては主にメジャーな付帯機能について書いていきますので、カードを作る際の参考にしてもらい、自分にとって必要か否かの判断材料にして下さいね。

まずクレジットカードではお馴染み、キャッシング機能です。それはクレジットカード申し込みの際にキャッシング機能の有無について選択箇所があるので、そこで必要にチェックを入れた場合に審査が行われ、審査に通ったら付与される機能です。キャッシングとは大まかに説明するならクレジットカードにカードローンの枠も一緒に付けるようなものです。

一見して買い物を行う為のクレジットカードなのに、どうしてローン機能を使ってまで現金を引き出すのか、疑問に思う方もいらっしゃいますよね。ですがクレジットカードに付いていて、さらにコンビニなどのATMからいつでも引き出せるという点がポイントです。例えば現金を持ち歩いておらず、銀行の預金も心許ない時、現金でしか払えない物を買う時、咄嗟の出費に対して現金対応を可能にしてくれるのがこの機能です。そう考えるとカードローン機能のみのカードが不要に思えそうですが、クレジットのキャッシング機能にも一長一短がありますので、利用の際には最善の方法を取るようにしてくださいね。

次に良くある機能としてはEdy機能ですね。これは最近流行の電子マネー機能でありまして、これも同じくクレジットカード申し込みの際にチェックを入れる事で使用可能になります。こちらはキャッシングと違って希望すれば必ず付きますが、専用のICチップを埋め込むので付与の際に手数料がかかる場合があります。

電子マネーというのは現金を預け金としてチャージする事で使用可能になるので、こちらもキャッシングと同じくカードに付ける意味があるのか悩む事もあります。キャッシングがどちらかと言えばある程度のまとまった現金が必要な場合に対し、この機能は千円単位でチャージしておいて、そして細々したクレジットで払えない物を買う時に力を発揮します。

主だった例を挙げるとすれば最近増えた電子マネー対応自動販売機がいい例ですね。お札を使えば小銭が増えてしまうし、もちろんカードでも払えない…そんな時、Edyを使えばスマートに買い物ができるし、カードによってはクレジット残高からチャージ可能な物もあります。電子マネーの取扱店はコンビニを始めとして飲食店やスーパーなどにも広まっていますので、一度チャージしておけばクレジットカードの残高が不安な場合にも手軽に利用できると言えるでしょう。

この二つがクレジットカードに主に付けられている付帯機能です。これらの機能は便利ですが付けるか否かはご本人の自由ですし、場合によっては付けない事によるメリットもありますので、内容をよく理解して自分の欲しい機能を厳選していきましょう。