クレジットカードの限度額

使いすぎに要注意!クレジットカードの限度額の決められ方

クレジットカードには、利用限度額が設定されています。当然、その限度額はレギュラーカードより、ゴールドカード、プラチナカードの方が高く設定されています。レギュラーカードの場合の限度額は、カードによってかなり大きな差異がありますが、概ね5~30万円の間に設定されています。

カード発行会社は、入会審査時に提出された申込者の年収や、個人信用情報で照会した情報を基に、発行するカードの限度額を決定します。当然、情報上年収が高く、属性上もポイントの高い申込者に発行するカードの方が、限度額は高めに設定されます。

ショッピング枠の限度額のみならず、キャッシング枠の限度額も、同様にもたらされた申込者の情報を基に設定されます。キャッシングの限度額は概ねショッピング枠の半額から3分の1程度に設定されます。キャッシング枠は必要ないと判断する利用者は、0円に設定してもらう事も可能です。

クレジットカードの限度額は、一時的に引き上げてもらう事も可能です。ただし、支払遅延などがなく、カード発行会社に迷惑のかかる事故を長期間起こさず利用している場合に限ります。事故のない会員は、カード発行会社にとっても「優良会員」扱いされますので、海外旅行をひかえている場合などに、限度額を一時的に上げてもらう事が可能です。

クレジット決済は、何よりも「クレジット(信用)」取引の決済方法ですから、カード発行会社に「信頼されている」事が、限度額を上げてもらうキーとなって来るのです。長期間、無事故の「優良会員」扱いされる利用者は、限度額が自動的に引き上げられる事も有り得ます。クレジットカードは便利なツールです。しかし、その利用は「適正」を心がけ、カード発行会社に「信頼される」会員となりましょう。