クレジットカードのステータスについて

記事一覧

子供が使うカードにも安心を!家族カードに適用される保険を知る

ご自分の子供にカードを持たせたいと思うなら、やはり精神的にも大学生から持てる学生カード辺りが一番持ち初めにはいいでしょう。金銭感覚というよりも精神自体が未熟なうちから持たせるのは、ご両親にもそうですが子供にとってもある種の負担になりがちです。

しかし、せめてもの愛情としてお忙しい夫婦は、中学生程度になったら持たせたいと思っているご家庭が増えてきました。子供が使うにしてもポイントが付与される方がいいですよね。

しかし大学生で無ければ自分で持つ事が出来ないし、個別に持たせたら両親がお小遣いとして管理するのは大変です。そうなると検討に挙がるのはやはり家族カードでしょうか。

家族カードは審査が必要ない為実質的に家族なら誰でも使えるし、引き落とし口座はご両親の口座なので、お小遣い管理も楽といえばそうですね。支払いでの面倒も少なさそうで、一見子供に持たせるなら家族カードが一番に思えます。

しかし、近年に多発している子供によるゲームへの課金を見るに、子供に持たせるにはどんなカードにおいても『本当に使うべき物』に対して使うという基準が危うく、それこそ子供がカードを所持していればこれ見よがしに近づいてくる犯罪者が多いので、子供にカードを持たせる事自体が危ないと思われます。

しかし、家族カードにはまだ便利な点として、名義人のカードと同じく各種保険が同等に装備されています。その中にはショッピング保険も含まれており、騙されて不正な商品を子供が購入しても、保険の対象内として処理してもらえる場合があります。完全な補填になるかどうか過信するのは良くないですが、万が一の備えがあるに越した事はありませんよね。

もちろん、ご家族も『このカードのお金はみんなで一緒に使っている物』として教え、自分のお金であると同時に親御さんのお金として大切なものであると、正しい金銭感覚を教えてあげましょう。カードの扱いに慣れて正しい金銭感覚を持つ事は、将来においても必ず役立つ事でしょう。

子供に持たせる為のカードと言うと、現行においては完全な物があるとは言い難いです。だからこそ忙しさを理由に問題を放置するのではなく、親子一緒に解決していく事を心がけましょう。

もっと便利に外出しよう!ICカード一体型クレジットカードのススメ!

クレジットカードは様々な企業、サービスと提携しています。例えば銀行のキャッシュカードと一緒になっていたり、より身近な存在で言えば私たちがよく行くであろうコンビニやスーパーのポイントカードと一体化した物が発行されています。

生活に身近な物であればあるほど使う機会は増えるし、便利になるのは間違いありません。中でも都会の方に行けば、ある物とクレジットカードが一体化しているのをよく見受ける事になります。

それは交通機関で使われるICカード、現金を預けて素早く決済できるシステムですね。私は田舎に住んでいるのでどちらかと言えば自家用車の方が盛んでありますが、東京や大阪、福岡といった都市部では交通機関が発達していて尚且つ普及も進んでいるので、どこに行くにしても公共の交通機関で事足りるのでしょう。歩く距離は基本的に最低限となっています。

そして公共機関を便利に使う為にICカードが開発されたわけですが、恐らく一部の人は予め予想していたでしょうが、クレジットカードとの相性はかなり優秀です。私も交通機関に頼る事が多いので、もしも都会で暮らしていれば間違いなく作っていたでしょう。

『ICカードって便利だけど、残額をこまめに確認していないと決済の時に足らずに足止めをしてしまう』。ICカードを使っていたら、一度は経験してしまう事と存じます。私も経験がありますが、かなり焦ってしまいますよね。

そうなると行き着く発想が「自動的にチャージする機能があればいいのに」という物ですよね。そしてそれを叶えるのがICカード一体型クレジットカードです。これはチャージして通常通り使う事も出来るのですが、やはり最大の魅力はクレジットカードと連動した自動チャージです。残高不足で止められた!という事が無くなる為、通勤などで毎日使う場合の手間も省けるので、公共交通機関が発達した都会であればあるほどその真価を発揮すると言っていいでしょう。

もちろん、クレジットカードですのでお買いものにも使えます。ですが、月の交通費がかさばるようなら限度額によっては少々心配な面が出てきますので、その場合はお買いもの用にもう一枚作るなどしておけば、さらに便利に安心して使えるでしょう。

都会で作らないと意味が無さそうに見えますが、全国規模で交通機関のICカードの互換化が進められています。近い将来あなたの住んでいる場所でも使えるようになるかもしれませんので、その時は是非作っておきたいカードですね!

カードを利用したEdy入手法!二つのメリットがあるその方法を紹介!

クレジットカードを使うのに抵抗があっても、電子マネーには抵抗が無いという方は多いですよね。これは先払いの方式による後腐れの無さ、そして交通機関など良く利用される場所が対応した事があり、私たちの生活にも日常的に浸透しています。

そうした交通機関の電子マネーでも一部の対応店では買い物が可能ですが、やはり買い物と言えば専用電子マネーであるEdyがあまりにも有名だと思います。

お財布ケータイの普及の後押しもあって、日本規格の電子マネーの取扱店舗が大きく増えたのは周知の事実ですよね。さらにポイントを発行している企業との提携により、専用サイトでの設定によってはポイントも付与されるのですから、普通に現金で買い物するよりもずっとお得ですよね。

ですが、このEdyには少々難点があると言えます。それはEdy単体で持つ場合、手軽に導入できるとは言えない金額を払う必要がある事です。数百円ならともかく数千円では躊躇される方も多く、おサイフケータイの機能は無料で付いている事を考えると、釈然としないのも仕方ありません。

それに対応店舗が多いと言えど、破棄の際に返金される預け金を入れるだけで作れる電子マネーがある中、Edyだけこんなに高いとなると、やはり単体で持つ事はためらわれますよね。そこでクレジットカードに注目です。

クレジットカードの付帯機能としてのEdyは有名で、クレジットカードが使えない場面での代役としても優秀ですが、何よりは『ついでに』積める手軽さがポイントです。

普通にEdy単体で買うのと違い、クレジットカードには数百円のわずかな金額で載せる事が可能です。そのわずかな金額もクレジットカードから引き落とされる為、先に振り込む手間も省けます。さらに言うなら会社によってはEdy機能を無料で載せてくれる事もあるので、費用の有無を確認して無いようなら、せっかくなので積んでおいて損は無いでしょう。いざと言う時に数千円でも入れておけば、クレジットカードが使えない場面での代役としては十分です。

このように、クレジットカードにEdyを積むということは「手ごろな値段でEdyが手に入る」という事と「いざと言う時、カードで払えない時の代役」という、二つの面でのメリットがあります。すでにお持ちならともかく、まだEdyを持っていないならカード申し込みの際に是非検討しておいてください。

どうしてお得なの?ETCカードがクレジットカードと発行される秘密!

ETCカードには単体で作る方法とクレジットカードの付帯カードとして作る方法の二種類があります。どちらがお得か、皆さんは分かりますか?

答えはやはりクレジットカードと一緒に作る方です。面倒な審査が一度で済むという点でも非常にありがたいですが、クレジットカードと一緒に発行する事での恩恵はたくさんあります。クレジットカードを作ろうとしている方に知ってもらいたい、カード会社発行のETCカードの特典を調べてみました。

まずはやはり、引き落としが一緒に発行するクレジットカードになる事でしょうか。支払いをまとめる事はクレジットカードを作って使う事において、大きなメリットの一つです。単体で作ると口座引き落としとなる為、指定口座が別々になるといちいち振り分けも面倒になってきますよね。ひとまとめにする事で支払いも楽に、明細もすっきりと見られます。

さらに引き落としがクレジットカードという事で、発生した出費がクレジットカードのポイントに還元される場合があります。まとめられてポイントももらえるとあれば、そのお得感は相乗効果でさらに上がりますね。そしてポイントと言えば、今から説明するメリットにも関わってきます。

ETCカードの出費がポイントに還元されると同時に、その使用自体にボーナスが発生する場合があります。分割払いの特典のようにポイントが倍になる事もあれば、期間限定でサービスとして一定値のポイントが丸ごと付与される事があるのです。旅行シーズンなどが重なればそれは大きな魅力ですし、もしも閑散期に行われていても、人が少ない事もあってのんびりとお得に遠出ができるというものです。

こちらのお知らせも明細と一緒に送られるメールマガジンに記載されている事が多いので、明細の管理はきっちりと、同時に情報の内容もこまめにチェックしましょう。そのマメさが節約に繋がります。

ETCカードもEdyと同じく、クレジットカードと併用する事でその真価が発揮されます。後々遅れて作るよりも遥かにお得なのは明白ですので、必要無いと思っていても後の事を考えて、今一度本当に必要無いか判断して下さいね。

1 2 3 >