利用後の返済や金利について

記事一覧

リボルビング払いを賢く利用!月々固定のメリットとデメリットを知る

クレジットカードには豊富な分割払いの方式があります。これは状況に応じて支払い方法を変える事で日用の出費から高額な買い物まで対応可能としている事であり、現金払いとの決定的な差と言えます。

中でも汎用性が高いと言われていて、カードによってはデフォルトでの支払い方式に設定されている事もあるのがリボルビング払いです。二回などの分割払いに比べて、リボルビングというのは、クレジットカードやカードローンを経験してないと言葉と意味が一致しにくいと存じます。なので簡単に特徴と注意点について見ていきましょう。

まず最大の特徴としては、支払い残高に応じた最低金額さえ支払っていればいい事です。それだと分割払いとイマイチ差が見えてきませんが『最低金額』というのが設定されているのがポイントです。

最低金額以上を払っていればいいという事は、自分でその金額を設定できるという事でもあります。例えば支払い残高が五万円で月々の最低支払金額が五千円だったとします。しかし月々に払えるお金に余裕があった場合、自分で支払金額を一万に指定する事で、最低金額のままよりも早く終わらせる事が出来るのです。分割払いと同じく期間が延びれば延びるほど利息も高くなるのは同じなので、無理の無い程度の金額を設定する事が、最終的に支払い分を少なくするポイントです。

そして注意点もいくつかあります。それは最低金額しか支払わない際に特に顕著となります。リボルビング払いをデフォルトにしている方は特に覚えておいて下さい。

まずリボルビングで支払いに充てられた金額は、発生した利息分から補填されていきます。これが何を意味するかと言いますと、五万円の残高を五千円で払っていた場合、十回で終わりかと思っていれば、実はまだ結構残っている計算になってしまうのです。特に残高が大きくて支払い金額が少なくなればこの傾向が顕著となり、支払金額があまりにも小さすぎると、延々と利息だけを払って返済が全く進んでいない事になります。こうなると普段から残高の確認をしていないと減らない事に気付かないまま、延々と利息だけを払い続ける事になってしまうのです。

もちろん、対応策が無いわけではありません。月の支払金額を自分で指定できるので、余裕があれば月々の分を増やせばいいし、一番いいのは残額をまとめて払う事です。融通が利きやすい分まとめ払いにも対応しているし、その方が一番利子が少なくて済むので、残額の確認は毎月行うようにしておきましょう。

リボルビング払いは楽な反面、支払いが慢性的に伸びる可能性があります。余裕がある時は常にまとめて払っておくくらいの気持ちで使っておき、支払日の負担を減らしながら確実に返済していきましょう。

支払日が選べる!?自分の都合に合わせられるクレジットカードを作る

クレジットカードにおいては定められた日を守る事が大事ですが、やはり自分の都合というのも使っていれば当然発生します。

もちろん都合が悪くなった時に備えておくのが一番良いのですが、備えを作るには時間が必要ですし、ギリギリの中で節約の為にカードを使うという方も増えてきています。そうなると調整が難しい日もありますよね。

支払いが少しずれる、難しいという場合にはリボルビング払いを事前に設定しておけばいいですが、リボルビング払いは手数料が発生する分割払いの為、ギリギリの場合はそれが後々重くなってくる事があります。それを考えると、気軽に使うのは難しいですよね。

今払うのはちょっと難しいけど、数日後なら大丈夫。そんな事が多いあなたにはコンビニなどから払えるクレジットカードを作ってみるといいでしょう。審査も比較的簡単なので、初めてクレジットカードを作る場合でもオススメとなります。

まずコンビニで払う場合、チケットなどの予約もできる複合端末から支払う事になります。一見して難しそうに見えますが、タッチパネルを利用した操作性でガイドも表示されるので、実際はさほど難しくもありません。他の目的で利用していたらなら飲みこみも早くなるでしょう。

そして最大の特徴として、自分である程度支払日を決められる事が挙げられます。口座引き落としと違って自分で払いに行かなくてはなりませんが、その反面支払額が確定した後から締切までの間に払えますし、その場においてリボルビング払いを指定する事で、また余裕がある時に支払う事も可能です。

またコンビニで払うという都合上、二十四時間営業である事が大半なので、日勤のお仕事をされている方でも仕事帰りに夜遅くに寄っても払える、という利点があります。この点に関しては銀行に比べてかなり優秀であると言わざるを得ませんね。もちろん振込手数料などはありませんので、気軽に使いに行きましょう。

コンビニとクレジットカードを組み合わせた結果、かなり便利になっているのが分かりますね。生活に密着した事業形態が成し得た恩恵は忙しい人であればあるほどありがたいので、口座引き落としと比べて自分に合っている方を選んでみましょう。

毎日の家計に優しいカードの使い方!自動リボで手早く安心の買い物!

クレジットカードの支払方法は様々であり、収支に合わせたスタイルを取る事が可能です。現金だとこうはいかないので、分割目的でクレジットカードを作成する方もいらっしゃいます。

中でも金利の管理が難しいですが、無理なく払えるリボルビング払いが近頃では人気です。買い物の合計金額に関わらず引き落としは定額なので、出費が多い月などではかなり安心して支払いを済ませる事ができます。

しかし、分割の申請においては支払い時に一言添えなくてはなりません。もしも急いでいたりうっかりしてしまえば言い忘れてしまって支払金額がずれてしまったり、後日申請しようにも金融会社の電話は取次まで時間がかかるのが通例となってしまっています。ゴールドカードの会員なら専用回線があったり、web明細対応の会社なら、サイトから後日変更できますが、やはり手間が全く無いとは言えません。

毎日の生活において使う場合は不慮の出費の不安もあり、念のために備えて毎月○万円までの固定にしておきたい…そんな方にお勧めしたいのが、自動リボ払い機能があるクレジットカードです。対応している会社も随分と増えましたが、未対応の可能性も全くないとは言えないので、事前に対応済みか調べておくといいでしょう。

自動リボ払いというのは、言ってしまえば名前の通りの機能です。買い物の際に自動リボを設定したカードで買い物をした場合、全て自動的にリボルビング払いに設定され、月に最低金額以上の任意の金額のみが引き落とされていきます。なのでわざわざ明細が届いてから焦って変更する手間も無く、店側で一括で処理されていても自動リボが設定されていればそちらが優先されるので、わざわざ指定する手間も無くなります。生活費を常に一定化して余裕がある時にまとめるご家庭では非常に便利と言えるでしょう。

但し、注意点もあります。自動リボというのは解除するまで設定が優先され、買い物をする店で解除の旨を伝えても有効になりません。なので支払いに随分余裕が出来て一括でも問題なくなれば、金利の面から考えても解除する方が支払いは結果として楽になります。ケースバイケース、収入と出費を見比べてから設定しておきましょう。

補足として、二回払いなら分割手数料はかかりません。普段は問題無いけど急な出費で半分なら余裕、という場合には二回払いも視野に入れておけばいいでしょう。リボ払いの方が楽な分完済まで時間がかかる事は常に頭に入れておいて下さい。

自動リボは非常に汎用性は高いですが、リボ払いと同じ特徴をいくつか持ち合わせています。返済に関しても同じことが言えるので、残額の確認は最低でも毎月引き落とし後、一回は見ておきましょう。

実はこんなにあった!クレジットカードの支払日に関する厳選豆知識!

クレジットカードの支払日は守る事が大切であり、お金はあってもうっかりなどで忘れてしまったと言っても通用しないのが現実です。仮に電話連絡を入れても遅れたという事実は残ってしまいますので、支払日の厳守は肝に銘じておきましょう。

そんな支払日ですが、全てのクレジットカードにおいて統一というわけでは無く、各企業やブランドによって様々なのは申込書を見ても分かりますね。それで決めなくてはならないほどの要素では無いかもしれませんが、やはり人によって都合のいい日かどうかはあるでしょう。

支払日が気になるようなら、まずは前述した通り、申込書を見てみましょう。その場合、カード会社によっては支払日を三種類程度から選べる場合があります。大体においては五日、十五日、二十五日の前後となっています。これは一般の給料日との兼ね合いであり、会社によっては給料日と重ならないように、敢えて微妙にずらしている場合があります。支払口座が給料の振込口座か否かで決めておくとより便利になりますね。その場合、クレジットカードが複数なら全て同じ口座だとさらに効率が上がると言えます。

そしてカード会社にも銀行などにも、営業日というものがあります。銀行で振込みなどを行えばお分かりですが、営業日で無ければ操作が出来ない、もしくは操作が可能でも処理が翌営業日となり、結果として遅れるような形になります。

ここで注目すべきは、銀行口座からの引き落としの場合、カード会社の営業日からとなります。給与振込口座であったならば引き落とし日まで放っておくだけでいいので、銀行の営業日というのは言うほど関係が無いのですが、カード会社の営業日というのはその日が休みで無いなら引き落とされるという意味であり、銀行が休みで足りないけど入れられない、となっても手遅れになってしまいますね。

ただ救いとしては、同じ金融業界である事から、営業日はほぼ同調していると言っていいでしょう。基本的に土日祝日が休みであり、強いて言うならゴールデンウィークなどの長期休暇の場合に微差がある程度です。長期休暇と支払日が重なった場合には見ておくといいでしょう。

また、営業日で無いなら翌営業日が引き落としになる事が大半ではありますが、場合によっては前営業日に繰り上げられる事があります。かなり少ないケースではありますが、カードを発行した時点で契約は成立しています。事前に非営業日の扱いは見ておきましょう。

このように、支払日に関する項目はただ単に守るにしても、注意しなければならない点はたくさんあります。気にしすぎると大変ですが、支払日を守るメリットも十分にあるので、事前に知っておいて気負わず返済し、次の為の準備としても認識しておきましょう。

1 2 3 >