クレジットカード決済時の注意点

クレジットカード決済の利便性と気をつけなければならないこと

クレジットカードによる決済とは、利用者が後日、決められた期日までに購入代金を支払うというクレジット、即ち「信用」に基づき、その場で現金払いをしない代わりに、クレジットカード発行会社(イシュアー、issuer)が立て替え払いをする決済方法の事です。カードを利用した店舗、即ち加盟店(マーチャント、merchant)からは、クレジットカード発行会社へ売上代金の3~5%の決済手数料が支払われます。この手数料が、クレジットカード発行会社の大きな収入源となるのです。

決済手数料は提携している国際ブランド(VISAなど)により高低があり、基本的にはVISA、MasterCardは低率で、JCB(日本のブランド)、Amex(アメリカンエキスプレス)、Diners Clubは高率とされています。クレジットカード発行会社が加盟店舗へ立て替えて支払った代金は、カード発行会社からカード利用者へ請求されます。一定の期日に、クレジットカード利用代金が、銀行預金からの口座振替などにより、利用者からカード発行会社へ支払われます。

決済手数料は、主として、決済代行会社により徴収されます。主な決済代行会社にはGMOペイメント、ペイエージェント、ゼウス、テレコムクレジット、JMSなど、多くの会社が存在します。決済手数料は、勿論、利用者が支払うものではなく、加盟店が支払うものですので、利用者へ請求される事は有り得ません。

代金決済方法には代金引換、コンビ二決済などがありますが、最も多く利用されているのが、クレジットカード決済です。やはり、手元に現金の持ち合わせがなくとも、利用代金を支払う事が出来るのですから、利便性では群を抜いていると言えましょう。

加盟店にとっては、クレジットカード決済の場合、カード発行会社へ支払う手数料の分だけ収入は少なくなりますが、カード決済ですと、現在手元に現金の持ち合わせのない客にもショッピングの機会が生じ、結果としては売り上げ増加へとつなげる事が可能となるのです。クレジットカード決済とは、手数料をカード発行会社へ支払っても、加盟店にとってもプラスになる方法なのです。