カード作りの際に参考にするライフスタイル

カードを作る前に見直したい、ライフスタイルによる有用性の違い!

クレジットカードの勧誘は様々な場所で行われています。例えば銀行なら預金などを行うキャッシュカード機能付きのクレジットカードを推奨しますし、コンビニならポイントカード機能が付いたクレジットカードを勧めてきます。

もちろん「じゃあそれで」という風に選んでもらってもクレジットカードには違いありませんし、便利なのには違いがありません。しかし、どうせなら自分にとってより良い特典が用意されているカードが欲しいですよね。

そこでクレジットカードを選ぶ際に見直してもらいたいのが、自分の普段のライフスタイルです。例えば一週間単位において買い物には何回&どこに行くか、車を運転しているか否かなど、実は私たちの生活とクレジットカードの特典は深く結びついているのです。

例えば買い物で見た場合、近くにコンビニがあってちょくちょく行くようであれば、そのコンビニのポイントは知らず知らずに溜まっていきますよね。そこでクレジットカードをそのコンビニのポイント機能付きカードにすれば、コンビニ以外で買い物をしたとしてもクレジットの使用でポイントが付きますし、コンビニでクレジットカードで買い物すれば、買い物ポイントとクレジットカードのポイントでさながらポイントの二重取りが可能です。そうすれば身近でよく使えるポイントが貯まるので、とてもお得なのが分かりますよね。

次に車を運転されている方の場合、車にとってガソリンは無くてはならない物ですよね。こうしたガソリンスタンドでもクレジットカードが作れますが、車をガソリンスタンドのカードで給油すれば、値引きなどが発生するところもあるのです。さらにカードを作るという事は会員になる事であり、会員優待料金を設定しているガソリンスタンドは多く見かけます。当然買い物でも値引き積立ポイントが貯まりますので、この場合においても運転が伴うなら有用性は高いと言えます。

またポイントの中には他のポイントに変換可能な物があり、中には手数料が発生しつつも現金キャッシュバックが可能な物があります。ポイント自体にあまり興味が無いという方でも、キャッシュバックが出来るなら少なからず作りたいという気持ちになりますよね。その場合はポイント還元率が高いかどうかで選ぶのも選択肢の一つです。

他にも人によって身近なポイントというのは異なり、クレジットカードにおいてはそのポイントが『該当する店以外で使ってもその店のポイントに還元』されるという非常にお得感がある特徴があります。なので自分にとって拾得頻度が高いカードを選ぶという事は非常に大事になってきますので、行きつけの店でのクレジットカードがあれば是非作成を検討してみましょう。