限定カードの魅力とその後の注意点

ついつい欲しくなる限定カード!その魅力と後の為に知るべき注意点

様々な付帯機能を挙げてきましたが、時折クレジットカードは私たちの予想をしないような物と提携する事があります。特に期間限定のコラボレーションとして、ある種の客引きがそれに該当します。

何か有名ドラマでもあればそれと提携するのは予想が付きそうですが、同じテレビで放送されているものでもアニメといった、サブカルチャーとも提携して発行する事があるのはご存知でしょうか?

ああした娯楽、いわゆるエンターテイメントは人気作となれば多くのお金を動かし、ビジネスとしても十分すぎるくらいの魅力を持つと言えます。特に子供向けというよりもより高度な内容をもたせた作品となると大人からの支持も厚く、ファンの方でクレジットカードを作ろうかどうか検討されている場合、牽引力足り得る事は十分に考えられますね。また、そうしたキャンペーンを行うとちょっとしたお祭り気分となり、ついつい重かった腰も軽くなってしまいますよね。

しかし、どんな物にも言える事かもしれませんが、エンターテイメントという娯楽は『飽きる』までが勝負とされています。特に流行に敏感な方の多いこの国においてはその流れを読めるか、そしてどこまで乗れるかがターニングポイントとなっており、それは企画する企業側もそうですが、所持する私たちにとっても重要な点となります。

アニメやゲーム作品とコラボした場合、カードの表面にはその作品にちなんだイラストがプリントされている事がほとんどです。ゆえにクレジットカードとしてだけでなくコレクションアイテムとしても重要視されますが、ここにおいてはそのカードが期間限定のコラボアイテムという事が気がかりです。

クレジットカードというと使用できる期間があり、それを過ぎた際に申請が無ければ自動的に更新となり、新しいカードが発行となります。そうなると、コレクションとして持っていたとしても、コラボ期間が終わっていればイラストでは無く通常のシンプルなカードが送られてくる事も有り得ます。もしもコレクションで欲しかっただけなら、持つ価値は半減すると言ってもいいでしょう。

また特典としてゲームで使えるアイテム用のコードがセットになっている場合がありますが、こうしたコードには有効期間が設けられているのが大半です。それが欲しくて申し込んでも期間が過ぎてしまえば無意味です。もらったら早めに使うようにしておきましょう。

これらの特徴から分かる通り、エンターテイメントとコラボレーションしたカードはあらゆる面において期間限定の特典が多いのです。もしも長く使えるカードも欲しいなら先にそちらを申し込んでおき、発行されてからコレクション用のカードとして割り切って発行してしまうのも、ファンならでは契約方法かもしれませんね。