有料と無料の会員待遇の違いについて

値段だけで比べないで!有料と無料で変わってくる会員の待遇!

クレジットカードの申し込みもそうですが、その申し込みに伴って何かの会員になる事も多いですよね。それもそのはずで今ではクレジットカードに付き物と言われているポイントのシステムも、その会社独自の物ですから、ただ買い物するだけではポイントは使えませんよね。

そして会員と言えば皆さん気にされるのがやはり年会費の存在です。特に「クレジットカードは使うけど、頻度はあまり多くない」という方には、年会費が発生したらお得感も薄れてしまいますよね。現にこの年会費の有無によって検討される方も多く、年会費が発生する場合、その年会費がどのように活かされているか、それを知るのは賢いクレジットカード運用には必要な知識です。

とはいえ、やはり年会費が発生しないに越した事は無く、年会費無料というのはカード使用の頻度に関わらず、多くの方の関心を集めています。特に先にご説明した通り、会員になる事を目的としてクレジットカードを作った場合、クレジットカード自体の恩恵は二の次という事も有り得ます。だとしたら年会費が発生するカードを持つのはナンセンスですし、後述する年会費なりのメリットも活かせないので、カードを作る前の明確な目的とビジョンは大事なのです。

そうした年会費無料のカードが幅を利かせる中、年会費有料のカードのメリットとは何なのか?それはパンフレットなどを読んでいただければ一目瞭然ですが、その手厚い保障が第一に挙げられます。入会前にきちんとパンフレットに目を通してもらいたい点として、この保証はよく確認しておきましょう。

分かりやすい例を挙げるとしたら、不正利用に際しての保障の手厚さ、そして対応の早さも大きく異なる場合もあります。クレジットカードだけに留まらず、有料会員というのは企業側を支える大きな原動力です。そんなお客様たちを後回しになんて出来ず、通常なら機械音声に待たされる時間も短縮され、場所によっては有料会員専用の窓口すら設けられています。

そして海外に向かう際に薦められるクレジットカードですが、海外での使用ともなれば、やはり治安の面もあって日本国内のみで使う場合に比べて安全性は重要視されます。それが悪用であったり紛失であったとしても、有料会員には海外保障がセットとして付いている場合が多く、海外に出かける事が多い方にとっては心強い存在になるでしょう。それに海外に行く事が多いなら経済的にも安定されている方が多く、そういう方こそ有料会員をオススメしますね。

こうしてまとめてみると「無料会員は何の保障も無いの?」と思われがちですが、それは早計というものです。近年のコストカットなどの企業努力により、無料会員でも有料会員に匹敵するような保障を用意してくれているところもあります。それらは全て事前に調べる事で明らかになる要素ですので、ただ単にお金がかかるか否かだけでは無く、年間の会費に比べてどれだけ得かかどうかを見ていただき、自分に合ったプランと契約しましょう。