有料機能の利便性を見比べる

有料機能は付けるべき?機能から見比べた利便性を徹底解説!

クレジットカードに付帯している機能の大半は任意で付けるか外すか選択できるので、不必要だと判断すれば無理に付ける必要はありません。キャッシング機能などは現金引き出しが出来る機能なので審査が厳しくなり、紛失時の事も想定すると不要なら取り外せば安全性も増しますし、審査もスムーズになります。

しかし便利な機能なら考えずに付ければいいと思う方もいらっしゃるでしょうが、基本的に任意なのは付帯機能の中には別途年会費や初期費用が発生する物が多いのです。そうなれば、自分で選べないととても不便になってしまい、申し込みする人も減ってしまいますよね。

そうなると、どんな機能が費用が発生し、どんな物が便利なのか気になる事と存じます。そこで見やすく簡単にまとめますので、申し込みの前に見ておいて下さいね。

まずは現金借り入れ機能のキャッシングですが、これは基本的に年会費などの追加費用は発生しません。しかしクレジットカードとはまた別に審査が発生するので、クレジットカードの審査は通ってもキャッシングは通らなかった、という事はあり得ます。その場合でもクレジットカードは発行されるので安心してくださいね。キャッシングの中には海外で使えるものもありますが、その場合は別途年会費が発生する場合もありますので、よく申し込み前に読んでおきましょう。

次にEdyですが、この機能は基本的に初期費用のみで年会費が発生するケースはほぼありません。場合によっては初期費用も発生しない事がありますし、発生したとしても千円単位の値段になる事は無く数百円ですので、少しでも使う可能性があるなら搭載しておいていいでしょう。クレジットカードが使えないところで意外と使える事があるので、クレジットカードをメインで使っているなら補助用と思えばいいですね。

そして家族カードですが、これは費用が発生する場合とそうでない場合がかなりまちまちです。ただ、年会費などが発生する家族カードの場合、カードの保険が充実している事が多いので、費用が一切かからない方がいいとは言い切れません。家族カード目的の方はそこまで調べておきましょう。

最後にETCカードですが、こちらは原則として年会費が発生すると思っていただいて構いません。もちろんクレジットカードから独立したカードなので、一緒に申し込んだクレジットカードに年会費が発生するなら、別々の請求となります。ただ、ポイント優待が発生する分、普通にETCカード単体を作るよりはかなりお得です。同じ年会費を取られるなら、少しでもお得に使えるようにしたいですね。

これらがメインで付帯される機能です。お気に召す物はありましたか?費用が別途発生するならそれに見合うか熟慮し、損をしない申し込みを心がけて下さいね。