クレジットとプリペイド、課金に得なのは?

どっちがお得!?課金する前に知るべきクレジットとプリペイドの違い

ソーシャルゲームなどの業界が活発になり、インターネット上でしばしば利用される物がありますよね。今はスマートフォンをお持ちの方も多いですし、プレイされた事がある方ならピンとくるかもしれません。

それは仮想通貨と呼ばれる、ゲーム内で有効な通貨ですね。これらのシステムを取り入れる事により一部から不評を買いつつも、ソーシャルゲームは大きな利益を上げてきました。この仮想通貨の売れ行き好調はまさにIT化の影響を上手く利用した結果ですね。

そして仮想通貨購入方法としては大きく分けて二種類となります。一つはコンビニなどで買えるプリペイドカード、そしてもう一つがクレジットカード登録によるネット決済ですね。

この二つのうちクレジットカードが使えるのはまさに通販感覚で、インターネット通販を利用された方なら登録もすんなり終わると思います。しかしクレジットカードを持っていたとしても、プリペイドカードがお得ならそっちを買えばいいし、変わらないなら決済が楽なクレジットカードでいいですよね。なのでこの二つの特徴を比較してみました。

まずプリペイドカードの利点は、先払いという事で使い過ぎる心配がクレジットに比べて減るのが利点ですね。ゲームで使いたいからとお子さんにカードを預けてしまう事で起きた問題を考えればこちらならお小遣いで対応してもらえばいいし、そして機会自体は少ないですが、プリペイドカードはたまにセールなどを行う事があるので、本来の出費以上に仮想通貨を手に入れる事も出来るのです。これは大きいですね。

しかしクレジットカードの利点も当然あります。プリペイドカードのセールはいつ行われるか分からないのに対し、クレジットカード払いを設定しておけば、常にポイントとして還元されている状態です。毎回無駄が減るというのはいいですよね。さらにプリペイドカードの登録は毎回行う使い捨てなので、コードの入力は実際やってみたら分かるのですが、結構入力が面倒なんですよね。都度買いに行く必要もあり、利便性ではクレジットカードが大きく勝っているのが現状です。

さらにクレジットカードで使い過ぎるのが怖いなら、デビットカードを登録する事により、預けている金額以上は支払えない形になりますので、簡易的なプリペイド形式を取る事が可能です。課金用にデビットカードを作るのも十分ありと言えます。

仮想通貨というのは非常に刹那的な存在で、私個人の意見としては多額の課金はオススメしかねるところではありますが、せっかく課金をするならお得な方法を選んでいただき、後悔しないように節度をもって楽しんでほしいですね。