場合に合わせたカードブランド選び

ブランドでこんなにも違う!?ケースに合わせたカードを選ぶには!

クレジットカードには発行するカード会社以外にも選ぶ点として様々なブランドがあります。その中でも有名なのはJCB、VISA、Mastercardの三社ですね。この三社はクレジットカード以外にもギフト券など多様な形態のビジネスを行っており、クレジットカードを持ってなくても名前くらいは聞いた事がある、という方も多いでしょう。

しかし名前だけでは全容は分かりませんよね。そして何も知らないままだとクレジットカード発行の際にどれを選べばいいか分からない事になり、適当に選んでしまって後で「あっちにしておけば…」と後悔する場合があります。そうならない為に、各ブランドの特徴を大まかに説明していきますので、参考にしてみて下さい。

まずは日本国産ブランドのJCBです。ここの特徴は何と言っても国産ブランドであり、それゆえに日本国内においては多くのコネクションがあると言えます。実際クレジットカード申し込みの際にブランドが選べない物がありますが、その際に設定されているのは日本では大抵がJCBと言っていいでしょう。国産という点は問い合わせの際などにもやはり利便性がありますし、同時融通も利きますので、国内のみでの使用ならJCBで事足りるのが現状とも言えます。

但し、国産ブランドで今回紹介する二つのブランドに比べて後発的なイメージは否めなく、海外でも使用は可能ですが、対応している店舗は二つに比べて遅れているのが事実です。日本国産という事でやはり国民としては発展を期待せざるを得ないブランドです。

次にMastercardです。このカードの最大の特徴は日本から見た場合、最も海外で強いというイメージです。事実海外では一番対応店舗が多いとされ、最上級のクレジットカードと呼ばれるブラックカードでも使われている事が多いカードです。総合の対応店舗数では後述のVISAに後れを取っているものの、大きく劣っているわけではありませんので、日本国内においても不自由なく使える便利さがあります。海外旅行を頻繁に
される方は一枚は持っておきたいですね。

最後にVISAですが、このカードは今回紹介した三つのブランドの中でも一番対応店舗数が多いと言われています。事実クレジットカードの申し込みサイトの中にはブランドを選ぶ際に対応店舗数を確認できますが、そこの比較においても堂々の一位となっています。クレジットカードを選ぶ際には対応店舗数というのは非常に大きな要素であり、その点で一番に輝いているVISAはかなりのアドバンテージがあると言っていいでしょう。私がメインで使っているカードのブランドもVISAなのですが、カードが使える店において不自由した記憶はほとんどありません。

このように、ブランドというのは名前以上に大きな特徴があると言っていいでしょう。三社とも利点がありますし、一概にどこだけ、という風にしなくともメインとサブみたいに使い分けている方もたくさんいらっしゃいます。特徴を把握し、作る際にはブランド名もしっかり確認しておきましょう!