クレジットカードの審査に通らない人とは

クレジットカード審査に通らない・・・こんな人は要注意です

クレジットカードの発行申し込みしても審査に通らなく、発行してもらえない場合もあります。本人の属性(職業、年収、居住形態など)がクレジットカード発行会社の審査基準を満たしていなかった場合など、幾つかの理由が挙げられます。審査の厳しさは、クレジットカード発行会社により多様ですが、銀行からの融資、消費者金融の申し込み同様、クレジットカードの発行にも、審査がしっかりとなされます。

審査落ちする大きな要因は、申込者に既に他の金融機関(銀行、特に消費者金融)から、あるいはクレジットカードのキャッシング枠の利用で、返済能力の限界を超えている多額の借り入れ額がある場合です。平均的な指標では、申込者の総借入額が年収の50%以上に達していると、返済能力がないと審査され、審査を通る事はまず出来ません。

また、過去に何回もクレジットカード支払いの遅延事故を起こしている申込者の場合、審査をパスする事は難しいと言えます。1ヶ月以上の支払い延滞事故を、3回以上起こしてしまっている場合は、どこのクレジットカード発行会社に申込みをしても、まず審査を通る事は出来ません。

属性面の審査では職業、年収、居住形態の3項目が審査されます。この3つの属性のいずれかに原因があり、審査落ちする事もあります。職業が不詳である場合、年収が安定し継続的でない場合、多額の住宅ローンの返済が長期にわたり残っている場合などは、審査を通る事は出来ません。

銀行からの借り入れ審査、消費者金融の審査などよりは、審査落ちする確率は、クレジットカードの場合は概して低い事は確かです。しかし、個人信用情報は、クレジットカード会社がデータを参照する(株)CICに登録されている情報をもとに、慎重に厳正に審査されます。

単純な記載漏れでも、審査に大きく関わって来ます。たかがクレジットカード、されどクレジット(信用)カードの審査を受けるわけで、雑な記載は大きなマイナス要因となります。同時に重要視されるのが、申込者本人確認です。クレジットカードの申込書と共に、通常は本人確認の書類(運転免許証や健康保険証のコピー)の添付が必要となります。

この様に、属性上問題がないと判断され、申込者の本人確認がなされた場合にのみ、クレジットカードが発行されます。成人の1人が3枚所有しているからといって、審査を通る事が出来なく、クレジットカードが発行されない事もあるのです。