ショッピング枠は総量規制対策に有用

ショッピング枠の賢い利用法!総量規制対策を意識したカード作り

クレジットカードのキャッシング機能は便利ですが現金を扱う為細心の注意が必要ですし、借金のように考えてしまって倦厭される方もまだまだ多いのが事実です。

お金を借りると言えば一つ、似たような機能のカードを聞いた事があるかもしれません。それは銀行や消費者金融などから手軽に借り入れが可能なカードローン専用カードですね。コンビニなどの提携ATMから返済可能、定額引き落とし機能のリボルビング払い対応等々、共通点も数多く存在します。

そして借り入れの際に気になるのは総量規制の有無では無いでしょうか。カードローンなどのお金の借り入れに設けられている総量規制というのは、限度額の枠が年収の三分の一までと制限される法律です。やはり無茶なローンを組んで払えないと言う方が多かった事が、この制度を発足させる原因ではないでしょうか。

カードローンとキャッシング。名前が違うけど機能が似ているこの二つは、果たして双方とも総量規制の対象と成り得るのでしょうか?キャッシング機能を付けようと思っている方は気にされるはずです。

結論で言えば、キャッシングも借り入れですので総量規制の対象となります。さらにキャッシング機能はカードローンに比べて利率が高い為、総量規制限度まで枠を用意してもらった場合、使い過ぎると少々支払いが厳しくなるでしょう。

現金が必要ならカードローンだけ作っておいて、わざわざクレジットカードを作る必要なんてないのではないか、とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、実はクレジットカードにはカードローンに無い強みもあります。

クレジットカードのキャッシング機能は総量規制の対象ですが、実はクレジットカードのショッピング枠は対象外なのです。

これがどういう事かと言いますと、キャッシングが総量規制内だと心許ない…という場合でも、クレジットカード自体の限度額を上げておく事により、クレジット決済が可能な買い物であれば余裕をもって買い物が出来るという事なのです。そしてクレジット決済が出来ない場合のみキャッシングを使う、という風に分けておけば、ショッピングによる手数料がかなり抑えられた現状においては、より少ない金利での家計運用が可能になります。金利が少ない方法を常に優先、と心がけておきましょう。

もちろんカードローンにも利点がありますが、買い物と借り入れを同時にこなせるクレジットカードのメリットは際立っています。現金主義の方も、この機会にクレジットカードを利用した節約に励んでみましょう!