リボ払いを選んだら気をつけること

クレジットカードの使い方、分割払いと似て非なるリボ払いの落とし穴

クレジットカードの使い方は十人十色ですが、賢い使い方として挙げられるのが、公共料金の支払いや食料品などの生活必需品の支払いをメインに使用する事です。気を付けなければならないのは、必ず一括払いとして支払う事です。クレジットカード発行会社は、リボルビング払いを勧めていますが、絶対にリボルビング払いにしてはいけません。

リボルビング払い(リボ払い、またはフレックス払いともいいます)は、分割払いとは似て非なる支払い方式です。概して、利用代金の15%の手数料を支払う「仕組み」に、リボ払いは作られています。つまり、キャッシングをした時同様、利子をつけて毎月支払うシステムなのです。

消費者金融からキャッシングした場合、その返済方法は100%、このリボ払いを採用しています。クレジットカードのキャッシング枠を利用した場合の返済方法も同様です。リボ払いにしたり、キャッシング枠を利用したりしては、絶対にいけません。一括払いでも十分にポイントはたまりますし、手数料は一切かかりません。

また、カード裏のサイン欄には、必ず予めサインを記入しておく事が重要です。サインを求められた時には、正確にサイン欄と同じ署名をするようにしましょう。サインレスの加盟店も多く、インターネットショッピングの場合は、サインは全く必要ありません。

しかし、特に、海外旅行先でのショッピング時には、印鑑文化の日本に対して、海外諸国はサインが重要視される国々ですから、サインは必須です。サイン欄に予め署名がなされていなかったりした場合、カードを没収される事態にもなりかねません。気を付けましょう。