クレジットカードの作り方

クレジットカードの作り方。申し込み方法や審査の話教えます

クレジットカードを作る場合は、まず18歳以上である必要があります。たとえ18歳未満で多額の収入がある人でも、クレジットカードを作る事は出来ません。次に、18歳以上でも、継続した収入を有していなければなりません。クレジットカードを作るためには審査を受ける事になります。極端に収入が低かったり、無職であったり、継続した安定収入がなければ審査落ちと言う事も有り得ますので、申込書の収入状況の欄には、正確に事実を記載しましょう。

個人信用情報の確認の際、本人確認を行いますので、本人確認が可能な書類、運転免許証や健康保険証のコピーの提出が求められます。個人信用情報を、クレジットカード発行会社は㈱CICに照会し、審査を行います。その際、申込者の属性(職業、年収、居住形態)が審査され、申込者が「信用取引」であるクレジットカードの利用に相応しい「信用」に足りる人物であると判断されて初めて、クレジットカードの発行となります。

どのカードに申し込むかは、カードのアピールポイントを軸に選択すると良いでしょう。人気の高いカードを選択するのも、1つの手段でしょう。概ね、人気の高いカードは年会費・入会費無料で、ポイント還元率も高いカードと言えます。さらに、電子マネーや海外旅行保険が付帯されているカードも多く発行されています。

最も多い申込方法はウエブ上や電話で申込書を請求して取り寄せ、また、流通系のカードですと、店頭で申込書を入手、必要事項を記入して郵送する方法でしょう。記入は、丁寧に正確な情報を記載しましょう。雑な記入や、記入漏れは、審査落ちの理由にもなり得ます。勿論、虚偽の記載は絶対にしてはいけません。

審査を通過すると、大概のクレジットカードは1~2週間後に簡易書留かそれに準じた方法で送付されて来ます。以上の様に、「信用」に足る人物だと判断されて、クレジットカードは発行されます。スタンプカードのように、その場で即作られるわけではありません。